パワーアップでエコドライブを強力サポート|燃費向上グッズ ガイアパワー

ドリフト走行会にて ~ その3

2015.12.03
おすすめトピック

前回に引き続き、ドリフトレーサー望月氏に走行していただきました。 今回は、ショックとスプリング(バネ)にガイアパワーを装着しました。 (2009年3月13日、筑波サーキットにて)

はたして、走りに違いが出るのか・・・。

ドリフト走行会にて3-1
ドリフト走行会にて3-2

■車輌スペック ・走行条件 前回のテスト時と同様に快晴。 ・車両は、日産 R32 スカイライン 約350PS ・装着バネレート フロント 10K スイフト製 リア   8K スイフト製 ・減衰 30段調整の20段 (1がSOFT、30がHARD) ・ショック4本とも、ガイアパワーフォルツァ装着

ドリフト走行会にて3-3
ドリフト走行会にて3-4

↑ショック部とスプリング部にガイアパワーを装着しました。 (スプリングに装着してあるのは、「ガイアS」という商品となります。 詳しくは弊社までお問い合わせ下さい)

ドリフト走行会にて3-5

↑ドリフト走行時の動画です。

走行してみての望月氏の感想です

・テスト走行の一週間前に、クルマのショックとスプリングにガイアパワーを装着しました。 スプリングの効果が向上することで、乗り心地や安定性が増すことを期待してサーキット走行に挑みました。 走行してみて、今まで以上に足回りがスムーズに動いている印象を受けました。路面をスムーズにとらえ、100km/h以上進入して激しいGがかかるコーナーでさえ、IN側のタイヤが浮くこともなく、しっかり地面を捉えていました。これはスプリングの効果が向上しているためと思われます。 ・しっかり感、剛性感がさらに向上しました。スプリングにガイアパワーを装着することでクルマをコントロールしやすくなったため、サーキット走行でもかなり優位に走行できました。 ・ショックとスプリングにガイアパワーを装着することで、足回りがスムーズになり、運動性能の向上に繋がるものと思われます。

※スプリングへ装着したガイアパワーは、ガイアSという商品になります。詳しくは弊社へお問い合わせ下さい。

こちらの記事は、ワタナベタイヤ店長に過去に寄稿して頂いた内容です。ホームページリニューアルにより2015年12月1日付で転載しております。

ドリフト走行レポート

WordPress › エラー